【BAZOOKA WPHとは?Part4】アスリートにすすめたいものが一般人におすすめできないわけがない!最速で筋肉を成長させたいならこれを飲んで筋トレ効率を最大化しよう!

著者:バズーカ岡田

この記事は「【BAZOOKA WPHとは?Part4】アスリートにすすめたいものが一般人におすすめできないわけがない!最速で筋肉を成長させたいならこれを飲んで筋トレ効率を最大化しよう!」を要約したものとなります。
Part1
Part2
Part3
YouTube【新・バズーカ岡田チャンネル】は(ほぼ)毎日配信中ですのでぜひご覧ください。

『バズーカニュートリション』に関する疑問をこの動画で解説します。商品購入の有無に関わらず、筋肥大に役立つスポーツ科学的な情報を提供。食事やサプリの参考にして、より効果的なトレーニングを目指しましょう!

アスリート向けの商品なのか?

Q. アスリート向けの商品と感じますが、初心者でも摂取するメリットはありますでしょうか?また、一般的に、もしくはカジュアルに飲むことを想定した商品展開を考えていますか?

A. このサプリメントは確かにトップアスリート向けの品質を持っていますが、それが一般の方や初心者にとって不適切という事は全くありません。私は、トップアスリートがやっている方法こそ効率的であり、一般の方にも取り組んで得してほしい、と思っています。そしてそれを一般の方に広めるのが私の役割だと思っています。柔道の日本代表としての経験や、ボディビルのトップ選手たちとの交流を通じて学んだ知識や技術を、一般の方が利用できるようにアレンジし、提供しています。

初心者や一般の方も、このサプリメントの恩恵を受けることで、体の成長や進化を最大限に引き出すことができ、最速で理想の体になれます。そして私たちが提供するサプリメントの主成分であるペプチドや甘味料は、安心して摂取できるものばかりです。今後は、価格面など、より多くの方が気軽に摂取できるような商品ラインナップの検討も考えています。

子供にもオススメできる安全性!

Q. 自分の子供に飲ませても大丈夫でしょうか?また、子供でも飲むタイミングは同じでしょうか?

A. はい、大丈夫です。実際、多くの親御さんから「子供に適したプロテインはありますか?」との質問を受けてきました。しかし私が確信を持っておすすめできる商品がこれまで存在しなかったため、「これです!」と自信を持って回答ができませんでした。この背景もあり、今回のサプリメント開発に至りました。成長期のお子さんはもちろん、トップアスリート、一般の方、シニアの方、全ての人が身体を大事にしたいと思うのは当然です。身体を大事にすることが、身体作り成功への鍵です。

私は人工甘味料を完全に否定する立場ではありませんが、筋肉の細胞たちが栄養を吸収したがっている時に、それも毎日に摂取するものに関しては、できるだけ自然な成分を用いたいと考えています。主原料のペプチドは、ストレスなく自然に育った牛、そして牧草を食べて育った牛(グラスフェッド)から得られる乳からできています。甘味料に関しても天然のものにこだわりました。サワーレモンフレーバーは100%天然甘味料を使用し、ビターチョコレートフレーバーでは83%が天然甘味料で作られています。

このサプリメントは、お子さんにも安心して飲んでいただける製品です。どうぞ信頼してお使いください。

子供が1日に摂取すべきタンパク質の量についてお話します。大人の場合、体重1kgあたり1gのタンパク質摂取が目安となります。筋トレなどの運動をする人にとっては、この量は2gとなります。例えば、60kgの大人の場合、通常は1日60g、筋トレなどの運動をしている場合は1日120gのタンパク質摂取が目安となります。

子供の場合、6〜7歳では1日に35gのタンパク質が必要とされ、10〜11歳では50gと一気に増えます。筋トレをしていない体重60kgの大人とほぼ同じ量のタンパク質が必要ということです。子供は成長のために多くのタンパク質が必要とされるので、意識して多めに摂取することが推奨されます。

食事の際、3食きちんとタンパク質が取れているかどうかを確認するのが第一歩です。例えば、10〜11歳の子供であれば1日50gのタンパク質が目安ですが、運動をしている子供はさらに多く必要となるでしょう。3食で50g以上のタンパク質をきちんと摂取しているか、足りていない場合はサプリメント等で補うことを検討するとよいでしょう。特に激しい運動をする子供は、タンパク質を積極的に摂取することを考えるべきです。体そのものの成長に加えて、筋肉の成長にも材料としてタンパク質が必要になるからです。

では、タンパク質をどれだけ摂取すれば過剰となるのかという疑問に対して、これは非常に難しい問題です。便の状態、例えば下痢の有無やガスの発生状態を観察し、それを元に消化吸収の状態を判断することが重要です。タンパク質を多く摂取すれば良いというわけではありません。摂取しただけで、必ずしも身体に吸収されるわけではないので、便の状態や体調を見ながら、全体の食事とのバランスを考慮しつつ摂取量を調整してください。下痢になっていたり、硫黄のような匂いのするガスが多く発生するのであれば、消化のキャパを上回っていて消化不良になっている可能性があります。体への負担だけでなく、たくさん食べても吸収できず無駄という事になります。

トレーニング中のEAAの代わりになるのか?

Q. トレーニング中にEAA(必須アミノ酸)を摂取し、トレーニング前後にプロテインを摂取しています。朝、間食、寝る前にも摂取することがあります。トレーニング中のEAAに代わるものが必要だと思うのですが、この商品の場合どう考えられているのでしょうか?

A. トレーニング前後の食事は筋トレのパフォーマンスや筋肉の回復・成長にとても重要です。トレーニング前の食事は筋トレのエネルギーとして利用され、トレーニング後の食事は筋肉の回復・成長やエネルギー補給に役立ちます。しかし、1時間以上のトレーニングや、食事が難しい時間帯にトレーニングをする方にはサプリメントが有効です。

トレーニング中にEAAを少しずつ摂取することは、血中のアミノ酸濃度がぐっと高まらず、ロイシントリガー仮説も作動しない可能性があると考察しています。

私は、トレーニング中の血中アミノ酸レベルは、トレーニング前の食事で上げておく事が有効と考えています。例えば、2時間のトレーニングをする場合、トレーニング前の食事で摂取した栄養を使ってトレーニングしていきます。トレーニングが終わる30分前、つまり1時間半経過した時点で、私はペプチドを摂取します。このペプチド摂取により、血中アミノ酸レベルが下がってくるトレーニング後半に血中アミノ酸レベルを急速に上げ、ロイシンによる筋合成のトリガーを発動させ、そして低分子ペプチドによって筋肉の細胞に必須・非必須アミノ酸という材料すべてを迅速に供給します。

トレーニング終了前、朝食前、食事と食事の間(例:夕食後や寝る前)は低栄養状態なので栄養摂取のポイントとして考えると良いでしょう。

理想のカラダづくりを爆速で BAZOOKA WPH
BAZOOKA WPH
詳細はこちらから!

初めて購入の方限定!
LINE友達登録で
50%OFFで買える

友達登録はこちらから!